そしてフェードアウト

そしてフェードアウトしたのめっちゃおもろい。

 

でも頭になかったわけではないのでヨシとしましょう。

 

 

今日はご本の話。

アリバイ会社にご用心 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

アリバイ会社にご用心 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 

 こいつを読みました。

安定のこのミス大賞シリーズ。

最近シリーズが乱立されてよくわかんなくなってきておりますが。

 

前作の「秘密結社にご注意を」 

秘密結社にご注意を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

秘密結社にご注意を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 これがまたおもしろかったんですよ。

んで、新しく出てたので買って読んだわけです。

 

結論から申し上げますと、秘密結社は超えられなかったかなーと。

前作同様、個性的な登場人物にクライマックスで次から次へとつながっていく伏線と、見応えは多分にありました。

しかしながら登場人物が多いことも有り、ぼやけてしまったなぁという印象。

どうせなら人数絞ってそれぞれを掘り下げた方がおもしろかったんじゃないかとも思ってしまいます。

 

けれども、スッキリ感は多分にありました。

生存者ゼロで抱いた不信感を吹き飛ばしてくれる、そんな作品でした。